024.県外に転勤になったのでマンションを売却したい

【お客様の背景】

■売買の別:売却
■氏名:T・R 様
■年代:50代
■ご職業:会社員

■お住まいの地域:今治市
■ご相談の地域:今治市
■売却理由:その他(転勤)
■お問合せ方法:ネット

【ご相談内容】

母親から相続した分譲マンションに住んでいますが、急に県外への転勤が決まりました。コロナウイルスの影響もあるので出来るだけ早く引越しを考えています。

【ご提案した解決策】

2パターンの売却方法をご提案。
1つ目は先にお引越し頂く方法です。マンションは空室になりますが、毎月の管理費や修繕積立金の支払いが続く点がデメリットですが、お住み替え先が決まってから売却する為、お好きなお部屋に入居できる点もメリットです。
2つ目は売却活動を先行し、買主様が決まり売買契約締結からお引渡しまで2ヶ月程猶予頂き、その間に新居へ移る方法です。管理費等のご負担は最小限になりますが、お引渡しまでの期間が限られる為、希望のお部屋に入居できない可能性がある事をご説明しました。

【担当営業として大切にした要点】

年内に引越したい方は逆算しますと遅くとも秋までには購入不動産を決めていなければなりません。
地域担当者だからこそ分かる不動産の動向もご説明できますので、ご売却を検討されている方や将来の参考にしたい方はお気軽にお問合せ下さい。

借地関係の整理
相続後のご売却